Webゼミ

【今後も需要が高い?】Webマーケティングの将来性について徹底予測!

インターネット市場が伸びていることもあり、就活生からも人気の高いWebマーケティング業界。 しかし、最近では「ChatGPT」などのAIが急速に普及している影響もあり、一部では「Webマーケティングはオワコン」という意見を目にします。 たしかに、AIの進歩は驚異的です。 しかし、AIが急速に普及していることを考慮しても、Webマーケティング業界の未来は明るいと考えられます。 本記事では、Webマーケティングの将来が明るい理由について、データを用いて解説しています。

Webマーケティング業界の将来が明るい5つの理由

Webマーケティング業界の将来が明るい理由は下記のとおりです。

  • インターネット広告市場が伸びている
  • 動画広告市場が伸びている
  • SNS広告市場が伸びている
  • テレビや新聞などの広告媒体が縮小している
  • 深刻なWebマーケター不足

ひとつずつ解説します。

インターネット広告市場が伸びている

インターネット市場は年々シェアを拡大しています。

2020年には広告費でトップとなっています。テレビや新聞などの従来の広告が巻き返す可能性は低いと考えられるので、今後もインターネット広告は伸びるでしょう。

インターネット広告が増えれば、Webマーケティング会社の仕事が増えます。

仕事が増えれば会社としても採用に力を入れることになるので、Webマーケティングの仕事は今後も需要が高いと考えられます。

動画広告市場が伸びている

インターネット広告の一種である動画広告もシェアを拡大しています。

電通が公表しているデータによると、2020年から2021年にかけて動画広告費の割合が1.8%上昇しています。

近年では「YouTube」などの動画プラットフォームの人気が高く、その人気は今後も続くでしょう。

SNS広告市場が伸びている

2027年までのソーシャルメディアマーケティングの市場規模を推計したデータを見ると、右肩上がりで成長すると予測されています。

予測では、2023年に市場規模が1兆円を超える見込みです。Webマーケティングの一種であるSNSマーケティングの需要は、今後も高いといえます。

テレビや新聞などの広告媒体が縮小している

インターネット広告市場が爆発的に伸びている一方、テレビや新聞などの広告媒体は年々縮小しつつあります。

テレビや新聞などの広告媒体が縮小している原因としては、以下が挙げられます。

  • インターネットの普及により、オンライン広告がより主流になりつつある
  • 若い世代がテレビや新聞よりもインターネットを中心に情報を収集するようになった
  • テレビと比べてオンライン広告のコストが低い

インターネットの普及や若い世代の嗜好の変化により、テレビや新聞などの広告媒体が縮小していると考えられます。

ビジネスが存在する以上は広告という仕事がなくなることはないので、テレビや新聞が縮小するほど、代わりにインターネット広告が伸びると予測できます。

深刻なWebマーケター不足

インターネットを利用したサービスが普及している影響もあり、企業は深刻なWebマーケター不足に悩んでいます。

複業・副業マッチングサービスを運営する「BLAM」の調査によると、マーケティング業務に携わる100名のうち、98%の人がWebマーケターの不足を感じているとしています。

特に、「マーケティング全体の戦略を設計できる人材が不足している」と回答した人は、51%もいます。

スキルの高いWebマーケターがいかに不足しているかがわかります。

人材不足に悩む企業は、今後も採用に力を入れるでしょう。

WebマーケティングはAIに取って代わられる?

近年、AIの進歩が凄まじく、「Webマーケティングの仕事はなくなるのではないか」という不安の声も聞こえます。

AIや機械学習が進歩するほど、一部の仕事がなくなる可能性はあります。しかし、人間にしかできない仕事もあるので、過度に心配する必要はないでしょう。

例えば、下記の仕事は現時点では人間にしかできない仕事です。

  • ヒットする企画立案
  • SEOに強い構成を考える
  • 人の感情に訴えかけるライティング

AIが得意なことはAIに任せ、人間にしかできないことは人間がやることで、Webマーケティング業界にとってはプラスに働くと考えられます。

AIや機械学習の進歩を利用して、さらに需要の高いWebマーケターを目指しましょう。

Webマーケティング業界の平均年収は499万円

Webマーケティングの需要は高いので、給料も正社員全体と比べると高い傾向があります。

「求人ボックス給料ナビ」によると、Webマーケティング業界の平均年収は「499万円」となっています。

正社員全体の平均年収「443万円」と比べると、約50万円年収が高いです。

結果をシビアに求められる仕事できつい一面もありますが、年収は高いので人気のある職種です。

参考:国税庁「令和3年分民間給与実態統計調査

Webマーケティングで求められる4つのスキル

ここでは、Webマーケティングで求められるスキルについて紹介します。

就職や転職活動を有利にするためにも、Webマーケティング業界で求められるスキルを押さえておきましょう。

Webマーケティングで求められるスキル

  • SEOスキル
  • 動画広告運用スキル
  • SNS広告運用スキル
  • データ分析スキル

SEOスキル

Webマーケティング業界では、SEOの知識を求められる機会が多いです。

SEOとは「検索エンジン最適化」を意味し、「Google」「Yahoo」などの検索エンジンで上位表示させるための施策を指します。

SEOで必要なスキルは下記のとおりです。

  • ユーザーが求める情報を漏れなく提供する
  • コンテンツに必要なキーワードの選定
  • データ分析
  • サイト設計
  • HTML/CSSの基本的な知識
  • デザインの企画・作成
  • 競合分析

上記のなかで特に重要なスキルは、ユーザーが求める情報を漏れなく提供することです。

訪れたページに知りたい情報がなければ、ユーザーはすぐに離脱してしまいます。すぐに離脱されれば、商品やサービスを売る機会を失うことになります。

商品やサービスを売る機会を増やすためにも、ユーザーが求める情報を漏れなく提供することが大切です。

動画広告運用スキル

YouTubeなどの動画広告が伸びているので、動画広告運用スキルも求められる機会が多いです。

動画広告を運用するのに必要なスキルは以下のとおりです。

  • 広告戦略の立案能力
  • 動画制作能力
  • 広告配信プラットフォームの操作スキル

簡単に身につくスキルではないので、継続して勉強することが大切です。

勉強方法としては書籍を読んだり、自身でYouTube運営をしたりすることが挙げられます。

SNS広告運用スキル

Webマーケターとして活躍するには、SNS広告の運用に必要なスキルが不可欠です。

例えば、下記のスキルが挙げられます。

  • ターゲティングの設定
  • コピーライティング
  • デザインの企画・作成
  • データ分析
  • プロジェクトマネジメント

また、SNS広告は「Twitter」「Instagram」など、さまざまなプラットフォームを用いておこないます。

そのため、ターゲットに合ったプラットフォームを選び、ターゲットが求める情報を提供するスキルも必要です。

データ分析スキル

インターネット広告やSEOをおこなうにあたり、データ分析スキルが必要です。

適当に広告運用しても成果が出るわけもなく、広告費が無駄になります。広告運用で成果を出すためにも、データを分析し改善につなげる必要があるのです。

データ分析は、おもに下記のツールを用いておこないます。

  • Excel
  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール
  • Python

データ分析スキルを習得するには、上記のデータ分析ツールの機能や操作方法を勉強する必要があります。

Webマーケティングでおすすめの勉強方法

Webマーケティングは、独学でも始められます。

Webマーケティングに関連する情報や学習資料がインターネット上に数多く存在しているので、Webマーケティングの基本や応用を学べます。

高額なスクールに通ってもWebマーケターとして活躍できる保証はないので、まずは独学で勉強するとよいでしょう。

独学の方法は、下記が挙げられます。

  • 書籍を読む
  • YouTubeやUdemyなどの動画を視聴する
  • セミナーやコミュニティに参加する
  • wordpressでブログ運営する
  • SNSアカウントを作って運営する

書籍を読んだりセミナーに参加して勉強するのも大切ですが、勉強するだけでなくブログやSNS運営をおこない、実践で練習する機会を設けましょう。

実践で結果を出せばWebマーケティングの実務で役に立つだけでなく、実績としても使えるので、就職活動で有利に働きます。

まとめ:Webマーケティング業界は今後も伸び続ける!

Webマーケティング業界の将来性について解説しました。

冒頭でもお伝えしたとおり、Webマーケティング業界の将来は明るく、今後も伸び続けると予測できます。

Webマーケティング業界への就職や転職を検討中なら、Webマーケティングについて勉強し、学んだことをブログやSNSで実践してみてください。

ブログやSNSで実績を作れば、書類選考や採用面接で有利に働きます。

また、実務で役に立つスキルの習得につながるので、入社してから早いうちにWebマーケターとして活躍できるでしょう。

ヒートマップツール「賢瓦」について詳しくはこちら離脱防止ポップアップツール「賢瓦」について詳しくはこちら