Webゼミ

ビッグキーワードとは。上位表示するコツやメリットデメリット紹介!

「ビッグキーワードって何?」 「どうやってビッグキーワードを調べるの?」 「ビッグキーワードを上位表示する方法が知りたい!」 上記の悩みや疑問を解決します。 ビッグキーワードで上位表示できれば大幅なアクセスアップが見込めるので、ビッグキーワードで上位表示する方法が知りたいですよね。 そこで本記事では、ビッグキーワードを上位表示する方法について解説しています。

ビッグキーワードとは

ビッグキーワードとは、検索ボリューム(検索エンジンで検索された回数)の多い1~2語のキーワードを指します。

例えば、以下のキーワードはビッグキーワードです。

  • 「パソコン」
  • 「SEO」
  • 「ブログ 始め方」

上記のキーワードは1~2語のキーワードで構成されており、検索ボリュームも1万を超えています。

ビッグキーワードで上位表示できれば、多くのアクセスが見込めるので、大企業も参入している難易度の高いキーワードです。

ビッグキーワードの重要性

ビッグキーワードで上位表示を取れるかで、サイトの成功は大きく左右されます。

前述したように、ビッグキーワードは検索ボリュームが多いので、上位表示を取れると大幅なアクセスアップが期待できるからです。

しかし、ビッグキーワードは大企業も狙っているので、開設したばかりの弱ドメインでは相手になりません。

そのため、ビッグキーワードより難易度の低い「ミドルキーワード」「ロングテールキーワード」も書きつつ、運営することが大切です。

次で、ミドルキーワードとロングテールキーワードについて説明しますね。

ミドルキーワード・ロングテールキーワードとの違い

まず、それぞれの特徴をまとめた以下の表をご覧ください。

キーワードの種類

検索ボリューム

キーワード数

ビッグキーワード

10,000以上

1~2語

ミドルキーワード

1,000~10,000

2~3語

ロングテールキーワード

1,000未満

3~4語

検索ボリュームやキーワード数の違いで、名称が違うことがわかりますね。

キーワードの一例も載せておきます。

ミドルキーワード

  • 「パソコン 販売」
  • 「SEO対策 やり方」
  • 「ブログ 無料」

ロングテールキーワード

  • 「パソコン オンライン 販売」
  • 「SEO 対策 基礎」
  • 「ブログ 始め方 収益化」

サイトを開設したばかりの時期にビッグキーワードで上位表示を取るのは難しいので、ミドルキーワードやロングテールキーワードも狙っていく必要があります。

ビッグキーワードを上位表示する方法

ここではビッグキーワードを上位表示する方法を解説します。

  • 検索意図を満たしたコンテンツを作る
  • 被リンクを獲得する
  • 競合を調査してビッグキーワードを決める

ひとつずつ見ていきましょう。

検索意図を満たしたコンテンツを作る

検索意図とは、ユーザーがキーワードを検索した動機のことです。

ビッグキーワードに限らず、SEOで上位表示を取るためには、ユーザーの検索意図を満たしたコンテンツを作る必要があります。

検索意図を満たすためにも、まず検索意図を調べましょう。

検索意図を調べるには、サジェストキーワードを調べたり「ヤフー知恵袋」などのQ&Aサイトで調べる方法があります。

例えば「SEO」というビッグキーワードを、サジェストキーワードで調べたとしましょう。

サジェストキーワードから察するに、「SEOの定義が知りたい」「SEO対策を自分でやる方法が知りたい」などの検索意図が考えられます。

今すぐ簡単にできるので、ぜひやってみてください。

検索意図を満たしたコンテンツの作り方については、以下の記事で詳しく解説しています。

「検索意図」についての記事を読む

被リンクを獲得する

被リンクとは、ほかのサイトから自サイトのリンクを張ってもらうことを指し、バックリンクとも呼ばれます。

被リンクを獲得する目的としては、ドメインパワーを高めることにあります。

上位表示を取るにはコンテンツの質だけでなく、ドメインパワーも重要な指標のひとつです。

被リンクを獲得するには、下記の対策が考えられます。

  • 拡散されやすいコンテンツを作る
  • 検索上位を取る
  • SNSで流入経路を開拓する

被リンクを獲得するための基本としては、ユーザーの役に立つ良質なコンテンツを作ることです。

良質なコンテンツはSNSなどで拡散されやすく、被リンクを獲得できるチャンスも増えます。

被リンクを獲得するためにも、ユーザーの役に立つ良質なコンテンツを作りましょう。

競合を調査してビッグキーワードを決める

前述したように、競合が強すぎると、良質なコンテンツを作っても上位掲載は難しくなります。

キーワードを慎重に選んだうえで、コンテンツの作成を始めましょう。

ビッグキーワードのメリット

ここではビッグキーワードのメリットについて解説します。

ビッグキーワードのメリット

  • アクセスの大幅な増加が見込める
  • コンバージョンの獲得が期待できる
  • ブランディングにつながる

「ビッグキーワードを書こうか迷うな」という方は、ぜひ参考にしてください。

アクセスの大幅な増加が見込める

ビッグキーワードで上位表示を取れば、大幅なアクセスの増加が見込めます。

特に、トレンドキーワードで上位表示を取れば、さらなるアクセスの増加が期待できるでしょう。

コンバージョンの獲得が期待できる

アクセスが増えることで、コンバージョンの獲得も期待できます。

コンバージョンを獲得するには、セールスライティングなども重要ですが、ユーザーから商品やサービスを認知されないと、契約されることはありません。

商品やサービスの契約につなげるためにも、コンテンツの存在を認知してもらう必要があります。

ビッグキーワードで上位表示を取れば、多くのユーザーから認知を得て、コンバージョンを獲得できる可能性がアップします。

ブランディングにつながる

ビッグキーワードで上位表示を取ることで、独自のブランドを築き、ブランディングにつながる可能性があります。

特に、競合より自サイトのほうが上位表示されることで、ユーザーからより認知されるでしょう。

また、上位表示を取ることで信頼性の獲得や、専門性のアピールにもつながります。

ブランディングにつながれば、競合との戦いにおいて有利になるので、さらなるアクセスの増加や収益アップが期待できます。

ビッグキーワードのデメリット

メリットの多いビッグキーワードですが、下記のようなデメリットもあります。

  • 検索上位を取るのが難しい
  • 成果を出すのに時間がかかる

ビッグキーワードを上位表示するのは容易ではないので、長期的視点で根気強くブログを運営する必要があります。

順番に解説していきます。

検索上位を取るのが難しい

ビッグキーワードは大きな成果を見込めるだけに、競争もきびしく、検索上位を取るのは難しいです。

キーワードによっては国や大企業が相手になるので、まるで勝ち目がないケースもあります。

そのため、どのビッグキーワードでコンテンツを作るのか、慎重に見極める必要があります。

また、キーワード選定だけでなく、ミドルキーワードやロングテールキーワードを狙ったコンテンツを組み合わせて、戦略的にブログを運営することが大切です。

成果を出すのに時間がかかる

仮にビッグキーワードで上位表示できたとしても、多くの時間がかかります。

目安としては、少なくとも3~6ヵ月はかかると覚悟しておくとよいでしょう。

ロングテールキーワードであれば数日で検索上位になることもありますが、ビッグキーワードは時間がかかります。

また、いきなり検索上位を取れるような質の高いコンテンツを作るのは容易ではないので、リライト(文章の書き直し)もほぼ必須です。

ビッグキーワードで上位表示を取るには、長期的な視点でSEOに取り組む必要があります。

ビッグキーワードを上位表示する方法まとめ

ビッグキーワードの基礎知識や、上位表示する方法について解説しました。

ビッグキーワードを上位表示する方法は、下記のとおりです。

  • 検索意図を満たしたコンテンツを作る
  • 被リンクを獲得する
  • 競合を調査してビッグキーワードを決める

検索意図を満たした質の高いコンテンツを作れば、SNSなどで拡散され、被リンクを獲得できるチャンスも増えます。

そのため、ビッグキーワードで上位表示を取るためには、何といっても質の高いコンテンツを作るのが最重要です。

ビッグキーワードで上位表示を取れば大幅なアクセスの増加につながり、収益化も期待できます。

この記事の内容を参考にして、ビッグキーワードの攻略を目指しましょう。

ヒートマップツール「賢瓦」について詳しくはこちら離脱防止ポップアップツール「賢瓦」について詳しくはこちら